通常、個人単位で債務整理を行なうので、良い面悪い面についても本人に影響するのみで配偶者や家族は大して関係がありません。

けれども、例に当てはまらないものもあり、専業主婦なら夫が債務整理をすればクレジットカードが停止されることがありえます。なぜなら、夫の支払い能力に準拠して審査がされているからです。さらに、新しくカードをつくりたいと思っている家族がいても、同じ住所に住んでいると審査をクリアできないことも考えられます。債務整理を行ってから、住宅ローン申請をしてみるとどうなるかと言うことですが、利用できないことになっています。 借金の整理をした場合には、今後、数年間は、お金をどこに行っても借りられなくなり、信用情報に載ってしまうことになります。

しばらく時間をおいて、様子をみてみましょう。

債務がどんどん膨らみ、とてもじゃないが支払えないという時こそ行われるのが債務整理でしょう。

通常は債務者が利息を減免して欲しい、支払い計画を見直したいといった希望を債権者に伝えるため協議を求める事を言います。

ところが、プロを相手取るワケですから、知識をもたない債務者一人で交渉をうまく運ぶことは不可能に近いでしょう。

弁護士など専門知識を持つ人に取り持って貰うというのが普通でしょう。

住宅ローン審査を通過したいなら債務整理を行った後に一定の期間が過ぎていて、いわゆるブラックリストにあたる信用情報機関の事故情報の中から借金の整理をした記録が消されて参照できなくなっている事が不可欠です。 債務を整理にどの方法を用いたかでこの期間は違い、消去済かどうかの確認は任意で可能です。
記録がなくなっているなら、過去に債務整理をした人であってもローンで家を買うことが出来ます。
借金 減額 方法